moi!

「fika」という言葉をしっていますか?

「Ska vi fika?(スカ ヴィ フィーカ?)」
スウェーデン語で「お茶しない?」という意味です。

スウェーデンでお茶をすることをFika(英語でいうところのCoffee break)といいます。このFikaの伝統・文化をとにかく大事にしているのがスウェーデンなのですが、そこにはただコーヒーを飲むというだけではなく重要な意味合いがあり、その言葉にはそれよりもずっと多くのことが含まれています。スウェーデンでは、フィーカの伝統は、朝食と同じくらい一般的なもので、つまり、ほとんどすべての人が、最低でも1日1回は行うことなのです。フィーカはものごとを計画する時や、仕事の合間、そして家での安らいだ週末にも織り込まれています。フィーカのない人生は考えられないそうです。

コーヒーは定番ですが、紅茶もまた一般的です。甘い軽食を傍らに置いて食べることが慣習ですが、飲み物をそれだけで楽しむこともまた構わないそうです。また、人々はこの毎日の習慣を自分だけで、あるいは他の人々と仲間で行います。このように、Fikaは様々な形態をとっていますが、要点は、人々が彼らの1日の中で意識的に時間を割くということです。落ち着いたり、休憩する時間を作ろうという意識が、スウェーデンでは国全体を通して尊重されています。

Fikaの文化はとても伝統があり儀式化されていて、ほとんど100%のスウェーデン人がこのFikaの時間を1日に複数とります。

特に、暗黙の了解があり朝の10時と午後の3時はほとんどの人がFIkaをしているため、電話をしても基本的には出てくれません。仕事より、趣味より大事なのがFikaなのです。

多くの国でもコーヒーブレイクはとりますし、デスク脇にコーヒーを置きながら仕事をすることも一般的です。ですが、スウェーデンでのFikaは少し意味合いが違います。

Fikaの目的はコーヒーブレイク+コミュニケーションなのです。よって同じ時間に仕事の同僚や家族、友人と1つの部屋に集まり、コーヒーやお菓子を食べながら雑談をしたり週末の予定を立てたりして会話を楽しむことが目的です。

仕事の上司や部下、教員と学生等身分や立場は関係ありません。仲間として会話を楽しむ、これが大事なのです。これによって職場での意思疎通がより進んだり、意見を自由に言える雰囲気を作り出したりと、いい効果がたくさん生まれます。